スキニーギニアピッグ

モルモット師匠

JUGEMテーマ:モルモット

 

erinさんがうちに遊びに来てくれました。

 

70匹を超えるモルモットを育てている彼女が(今では80に近づいているはず)、

一体どのように彼らを抱っこし、可愛がり、かわいい写真を撮るのか興味シンシン!

 

これまでの私は愛するうちの子たちに毎日逃げ回られて抱っこさせてもらえず。

もらった帽子をかぶせては嫌がられ、

写真もお尻ばっかり撮っているダメっぷり。

 

モルモットの住環境だけは人一倍気をつけて整えているつもりではありますが、毎日のふれあいに関しては疑問がいっぱいなままでした。

 

なんで他の方々のモルモット様は、あんなになついていたり可愛くポーズしていたりするのか不思議でならず…。

 

で、erinさんが来られた際には、うちの皆様を抱っこする様子や撮影する様子や帽子をかぶせる様子を、カメラマンの友人と一緒にしかと眺め回しました。

 

 

結論から申しますと、これまでの私は心配ばかりしてそっと眺めるだけのことが多かったのかもしれないな、と思います。

積極的に触れ合って、お互い理解し合うのが大事なのかなと感じました。

 

アメリカのブリーダーさんがモルモットを可愛がる様子を直に見られて、非常に勉強になりました。

うちの子たちが特別おてんばさんなのかもしれないと疑っていただけに反省です冷や汗

まったくもって私の扱いのせいでした。

 

本を読んで勉強するだけではわからない、経験に基づいた実地の勉強をさせてもらえた日でした。

 

ごめんよ、はちみつ丸!

はちが特別乱暴な女の子なのかと思ってたよ!

 

 

これからはますます愛情を持って、スキニーギニアピッグさんに触れ合っていけそうです。

 

スキニーギニアピッグ園

http://skinnyguineapigs.com

 

 

こちらも良ければご覧下さい★

アクセサリーのクイール・キャラメリゼ

https://www.rakuten.co.jp/cuir-carameliser/

 

  • 2017.01.27 Friday
  • 10:02

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback