スキニーギニアピッグの輸入fromアメリカ

引き続き・モルモット輸入の厚い壁に激突中

JUGEMテーマ:モルモット

 

年末には「ついにerinさんのモルモットを日本へ持ってこられるのか?!」と思った一瞬もあったのですが、まだまだでした・・・しょんぼり

 

年末に急いで取得しようと奔走していたアメリカ農水省の衛生証明書。

これはerinさんの素早い対応と努力によりまして、無事取得できました!おめでとうございます〜拍手

 

準備万端!と思って本格的にモルモットさん達を運び込む輸送に関する手続きをとろうとしていた矢先、

税関の職員の方からの「その施設からの輸入は出来ません」との一言。

 

えっ!なんで!?

なんで今になってそんなこと言うの?

今まで何回も何回も電話したりメールしたりで問い合わせしまくってたのに、なんで今になるまで誰も教えてくれなかったの?

 

とパニックになりまして詳しく話を聞きましたところ、まだ乗り越えなければならない壁が残っていました冷や汗

と言うか、私たちは別の方向に向けて一生懸命頑張っていたようです・・・悲しい

 

飛行機

 

国を超えての話になるので、直接の担当の方以外はモルモットの輸入手続きについて詳しくない場合も多いようですね。

よく分かりました!

 

一カ所の施設で聞くことに不安を覚えたので、別の施設にも電話して問い合わせました。

幸運にも非常に親切に対応し、教えてくれる担当の方に巡り会いまして、次なるステップが判明。

 

 

ただ次の「ステップ」では非常に難しい要求を突きつけられるのではないかという不安を感じています。

どの程度困難なものなのか、じつはまだはっきり分かっておりません。

erinさんが日本から帰国後、担当官の方から詳しい話が聞けるようになっています。

 

何をしても大問題にぶつかることばかりですが、どうかどうか、可愛い子達をお迎えすることが出来ますようにきのこレッド

 

スキニーギニアピッグ園

http://skinnyguineapigs.com

 

 

こちらも良ければご覧下さい★

アクセサリーのクイール・キャラメリゼ

https://www.rakuten.co.jp/cuir-carameliser/

 

  • 2017.01.20 Friday
  • 14:45

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback