スキニーギニアピッグ

ボールドウィン

JUGEMテーマ:モルモット

 

以前、毛の多めのスキニーギニアピッグのことを「ウェアウルフ(werewolf)」と呼ぶということを書きましたが、

毛の無い(少ない)モルモットにはまださらに種類があるそうです。

 

その名も「ボールドウィン(baldwin)」。今のところ、日本にはいません。

最終形態として、毛が無いモルモットであるという点はスキニーギニアピッグと同じです。

 

生まれたてのハムスターなら、毛はまだ生えていません。

猫や犬の場合、目は開いていなくて、耳は聞こえていませんし、歯も生え揃っていません。

 

モルモットは生まれた時から親と同じ状態です。

有毛モルモットなら生まれたてでも毛は生えていますし、目も開いていますし、歯も生えています。

スキニーギニアピッグなら毛が無いので、もちろん赤ちゃんも毛が無い状態で生まれます。

 

ウェアウルフは、毛が多めのスキニーギニアピッグとして生まれます。

毛は時期によって増えたり減ったりする場合もあります。

 

うちのはちみつ丸はウェアウルフです。

 

いつもにも増して毛を増やしてきた頃のはちみつ丸

 

さて、ボールドウィンです。

この子たちは、毛が生えている状態で生まれます。イングリッシュモルモットぐらいな感じで生えています。

生まれて数週間経つと毛が抜けていきます。そして、最終的にはツルッツルに。

 

生まれてすぐのボールドウィン

 

 写真: Erin Koski

生後31日のボールドウィン 頭の方から毛が抜けてきております。

 

 写真: Erin Koski

生後61日のボールドウィン ほぼ無毛になりました。ヒゲは残ります。

 

スキニーギニアピッグは手足の先、鼻先に毛が生えていいますが、ボールドウィンはどこもかしこもほぼ無毛になるようです。

 

なんて不思議な生き物!!

ほかの生き物たちは、多くが大人になるにつれて毛を生やしていくというのに、なぜこの子達は毛を無くすのか?!

 

アメリカはやっぱりモルモット大国ですね…

いろんな種類のモルちゃんに会えるなんてうらやましい事です。

 

スキニーギニアピッグ園

http://skinnyguineapigs.com

 

 

こちらも良ければご覧下さい★

アクセサリーのクイール・キャラメリゼ

https://www.rakuten.co.jp/cuir-carameliser/

 

  • 2017.05.04 Thursday
  • 21:25

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback