スキニーギニアピッグの輸入fromアメリカ

モルモット施設の査察合格inUSA

JUGEMテーマ:モルモット

 

長期にわたって停滞を続けていた、素敵に毛の少ないスキニーギニアピッグ輸入計画。

ついに!やや進展がありそうです。

 

期間が開いてしまったので、状況をかいつまんで説明してみます。

 

スキニーギニアピッグが好きすぎて色々調べているうちに、アメリカのスキニーギニアピッグブリーダーさんと友人になりました。(モルモット友達、略してモル友)

 

色々お話しを聞いていると、アメリカは質の高いモルモットが沢山いる様子。

日本では開催されていないモルモットのショーも開催されているし

(私が知らないだけで日本でもモルモットショーは開催されてるのでしょうか?もしモルモットショーが開催されているならぜひ知りたい!行きたい!)

人口が多いだけにモルモット愛好家の方も沢山いるし、

ブリーダーさんも競って健康で美しいモルモットさんを育成することに尽力しているそうです。

 

モルモットグッズも充実しているみたいです…羨ましい。

日本でモルモットを飼おうと思ったら、ほぼウサギさん用品を購入することになります。

 

日本とスキニーをこよなく愛する友人は、前々から日本に質の良いスキニーを広めたいという思いを募らせていたそうです。

私も、そんな質の高いモルモットを育てている国からスキニーギニアピッグを輸入してみたい!と意見が合致しました。

 

ところが齧歯類の日本への輸入は規制がとても厳しくなっています。

日本に無い病気や寄生虫などが外国から入ってきてはいけないので当然です。

 

規制が厳しいことはどこに聞いても教えてくれるのですが、では具体的にどうすれば輸入OKになるのかは誰も教えてれません。

ある施設に聞けば別の施設に問い合わせてくれと言われ、ここに聞けと言われた施設に問い合わせれば

そんなのは聞いたこともない、別の機関に聞いてくれと言われることを繰り返し、たらい回しです。

 

しかも国をまたいでいる内容ですので、「大使館を通じてアメリカの○○という機関に問い合わせてみてくれ」など、手間暇かかりそうな返答が帰ってきます。そして大使館に聞けば「それは日本の政府機関に聞くべきでしょう」と冷たくあしらわれ・・・悲しい

 

モル友もアメリカの機関に何度も問い合わせたり、行ったりしてくれています。

でも日本へのモルモットの輸出に関して詳しい担当の方がいささか少ないらしく、99%の確率で

「知らない」「聞いたことも無い」「やったこと無い」

という返答が帰ってきます。

日本への輸出に関してはこの施設が担当なので、ここに聞くべしと言われたから問い合わせているにもかかわらずです。

 

そして

「この人何回同じ事を聞いてきているんだ?あそこに聞けって言っているのに」

と思われるほど色んな施設に何度も問い合わせた結果、ようやくたらい回しにされている状況を理解してもらえ、優しい日本の動物輸入担当の方が詳細が記載されているアメリカのサイトを探してきてくれました。

 

そのサイトを見せて、「そんなのやったことも無い」と言い続けているアメリカの施設に問い合わせた結果、ようやく担当であるという方にたどり着くことが出来ました。

そしてモル友はモルモットの飼育施設の検査を受ける事ができ、つい先日「日本にモルモットを輸出しても問題ない設備である」と認定を受けたそうです。

 

その間に「じゃあまたこちらから連絡するから」と言いつつ絶対に折り返し連絡してこない担当官に、こちらから何度も再問い合わせを繰り返すという経過も経ていますしょんぼり

 

次は輸入のための書類の準備。

再び「この書類に関してはあちらの担当に聞いてくれ」とたらい回しにあってはおりますが、まぁいずれ詳しい方に出会えることでしょう。

 

ひとまず何にも分からない状態からは、一歩は前進しています。

 

「アメリカの質の良いスキニーギニアピッグを日本に輸入したいね!」

とモル友と意気投合してから1年が経とうとしています。まだまだ夢の実現には時間がかかりそうな予感です。

 

スキニーギニアピッグ園

http://skinnyguineapigs.com

 

 

こちらも良ければご覧下さい★

アクセサリーのクイール・キャラメリゼ

https://www.rakuten.co.jp/cuir-carameliser/

 

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 16:03

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback