スキニーギニアピッグの輸入fromアメリカ

政府機関の 調査

JUGEMテーマ:モルモット

 

これまで私が何度も電話をかけてきた、げっ歯類の輸入に関する業務の一部を請け負うある機関から電話がありました。

輸入相手の方に関する聞き取りでした。

 

いつ輸入しようと考えたのか?

げっ歯類を日本に輸入するには申請や許可が必要であると、いつ理解したのか?

 

など、「なぜこんなこと聞かれるのか?」というような内容…冷や汗

 

一通りお答えした後、納得されたような様子。不思議になりましていったい何のための質問なのか聞きました。

すると、相手の業者さんが現在すでに許可無くげっ歯類を輸出しているのではないかという疑いがかかっていたため、調査していたとのことでした。

 

なぜこんな疑いがかかってしまったのか?

実は申請さえすればすぐに輸入できると思っていた時に、ホームページに日本人の方向けに「購入ご希望の方への注意点」を記載していました。

その後、輸入には様々な手続き等が必要であり、すぐには輸入できないと判明した後も、説明を一部そのまま放置してしまっていたので、現在アメリカのスキニーギニアピッグが購入可能であると受け取れるホームページとなっていたため、こんな疑いがかかってしまったのですね。

 

ホームページの内容は、ただの先走りであることが理解してもらえましたので、ようやくこれから申請手続きが進行していきそうな雰囲気です。

あぁ 良かった良かったポッ

 

どろぼうリュックのグレゴリー

 

スキニーギニアピッグ園

http://skinnyguineapigs.com

 

 

こちらも良ければご覧下さい★

アクセサリーのクイール・キャラメリゼ

https://www.rakuten.co.jp/cuir-carameliser/

 

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 12:08

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback