スキニーギニアピッグ

モルモット オスの同居は 難しい

JUGEMテーマ:モルモット

 

今うちにいる男の子は二匹。もけみちとグレゴリーです。

ここ1ヶ月ほどは別々のケージで暮らしてきましたが、以前は同じケージで仲良く暮らしていました。

 

 

     もけみち                                 グレゴリー

 

もけみちが離乳し、お母さんと離して初めてグレゴリーと同じケージに入れた時のこと。

 

喧嘩が勃発した時のために二匹を引き離せるようにチリトリを構え、内心ハラハラしながら同じケージに入れ、問題が起きないかどうかしばらく監視するつもりでした。

ですが一緒のケージに入れたとたんにゴリーが小躍りして喜び、ケージ内を駆け回りました。もけみちも多少戸惑いつつも、すぐにゴリーの存在を認めた様子。

 

チリトリの出番は無く、何の問題も無くすんなり同居が始まりました。

 

そんな事があったのでしばらく別のケージで暮らしてはいましたが、今も仲良くいつでも同居開始できるであろうと思っていました。

 

ところが昨日。ケージの掃除中に一瞬だけゴリーをもけみちのケージに入れました。

するゴリーがカツカツと歯を鳴らすような警戒音を発し、怒り心頭の様子!!怒り

一方、もけみちはおしりを振って新しいケージ仲間の存在を喜んでいるもよう。

お互いを嗅ぎ回ってケージ内を数周回った後、ゴリーがもけのおしりの辺りに噛みつこうとしました。

 

あわててゴリーを取り出して、オス同士を急に同じケージに入れてしまったことを反省・・・しょんぼり

どちらにもケガが無くて良かったです。

 

メスと一緒にいたことのあるオス同士を一つのケージで飼うことは難しいようです。

片方がまだ小さい子供の場合はオス同士一緒に暮らすことも可能ですが、大人になってからオスを一緒にするのはうまくいかない場合が多いようです。個々の性格にもよりますが・・・

 

ちょっとづつ慣れさせればうまくいかないかなと考えて、同居に向けて段階を踏む計画を推進中。

1 ケージを隣に並べる。 ←お互いの存在を匂わせる。

2 同じケージに入れて、真ん中をメッシュパネルで仕切る。 ←お互いの存在を常に感じられるが、喧嘩は出来ない。

3 同じケージで同居

 

メッシュパネルで仕切って一つのケージに入れてみた状態

 

段階的に同居させても無理な場合ももちろんあります。

一緒に暮らした方が楽しいのかなと思いますが、今後の二匹の様子を見て検討いたします。

 

スキニーギニアピッグ園

http://skinnyguineapigs.com

 

こちらも良ければご覧下さい★

アクセサリーのクイール・キャラメリゼ

https://www.rakuten.co.jp/cuir-carameliser/

  • 2017.08.23 Wednesday
  • 15:37

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback