スキニーギニアピッグ

薄毛スキニーギニアピッグの観察

JUGEMテーマ:モルモット

 

アメリカン薄毛スキニーギニアピッグを迎えて3週間程経ちました。

急に賑やかになったスキニーギニアピッグ園です。

 

賑やかになったと言っても、静かに息を潜めて暮らしている子達も居れば、

毎日キューキューと元気にアピールしてくる子も居て、それぞれ個性があるのが分かってきました。

 

白黒のボールドウィンたち。びっくりするほど静かです。

 

 

いつ見てもケージの隅に数匹でかたまってモル団子を作り、じっとしているだけです。

ペレットも食べるの遅いです。朝夕2回ご飯をあげるのですが、夕方になっても朝あげたペレットがまだ残っていたりします。

牧草も他のケージの子達と同じぐらいあげると、いつもたくさん残っています。

そして、触ろうとした時だけ素早くダッシュして逃げていくので「動けないわけじゃ無いんだな」と分かります。

 

日本に来たばかりで緊張しているのかと思っていましたが、3週間経ってもあまり変わりません。

 

ハウスに閉じこもる白黒ちゃん3匹

 

ボールドウィンという生き物が大人しい性質なのかなとも思いましたが、打って変わって茶色のボールドウィン二匹は非常に活動的です。

 

体重割で計算して正当な量のペレットをあげているのですが足りないらしく、すぐに食べ終わってキューキュー鳴いてせがんできます。

よくケージ内を走っているのを見かけます。

抱っこしようとすると予想通り素晴らしく早く逃げ回ります。

 

茶色の2匹はまだ生後3ヶ月程度なので成長期で元気があふれているのかもしれないですが、何しろ白黒の3匹とはずいぶん差があります。大人になるにつれて静かで穏やかな性格に落ち着くのかな・・・猫2

 

ケージ内を動き回る茶色ボールドウィン

 

【身体的な特徴について】

 

一番の特徴である「生後毛が抜けていく」という部分は、すでに毛が抜けた状態でお迎えしたので残念ながら見られていません。次世代の子達が生まれた時に観察することにいたします。

 

実際にお迎えするまでは、ボールドウィンは見た目スキニーよりシワが多いなと思っていました。

実物を見てみて感じるのは、スキニーより皮下脂肪が少ないためにシワが多く見えるのかもしれない説。ボールドウィンは大きさの割に体重が軽いように感じます。

 

もしくは、スキニーギニアピッグよりもさらに毛が無いので、露出部分が多いだけシワが目に付く説。

特にうちに居る日本産スキニーはワェアウルフ(毛が多めのスキニー。時期によって毛を増やしたり減らしたりします。)で毛が多い子なので、シワが見えにくくてボールドウィンとの差をより強く感じるのかもしれません。

 

また、スキニーのお肌は、さらっとした赤ちゃんのおしりみたいな手触り。

ボールドウィンはお肌がしっとりしてます。化粧水を付けた直後のお肌と言いますか、ウェットな感じがします。

皮膚を守る為の分泌物がスキニーより多いのかもしれない・・・。

 

 

 

それからやっぱり鼻の先までツルッツルですね。猫みたいなヒゲが生えているぐらいです。

 

皮下脂肪が少なそうなので、もしかしたらスキニーより寒さに弱い可能性があるなと思って、フリースのパンプキンハウスを入れてあげました。

 

 

やっぱり出てこない3匹。出てきて遊んで欲しいな〜ひやひや

 

スキニーギニアピッグ園

http://skinnyguineapigs.com

 

こちらも良ければご覧下さい★

アクセサリーのクイール・キャラメリゼ

https://www.rakuten.co.jp/cuir-carameliser/

 

  • 2017.09.10 Sunday
  • 10:51

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback