スキニーギニアピッグ

モルモット お迎え直後 接し方

JUGEMテーマ:モルモット

 

スキニーギニアピッグさん達が新しいおうちに嫁いだ後、よく頂くご質問について

 

【お迎えして一週間くらいはあまり触ったり抱っこしたりせずに、そっとしておくのが良いですよね?】

スキニーギニアピッグ園からお迎えして頂く場合には、こうお答えしています。

「そんなことありません。どうぞ触ってあげてください。人間は怖いこと無いというのを教えてあげてください。」

 

モルモットに関する飼育本や、ネット上で見つかる情報ではどこも「お迎え直後はあまり触ったりせずに慣れるまで見守りましょう」と書いてあります。

どこを見てもそう書いてあるということは、そっとしておくのが正しい場合が多いのだと思います。

でも実際の所、私は絶対的にそうしないと駄目だとは思っていません。

 

というのも、最初にモルペウスとハチミツ丸をお迎えした時に接し方で「失敗したな」と思った経験があるからです。

 

 左からグレゴリー、オナカ、ハチミツ丸

 

二匹は他県のブリーダーさんからお迎えさせて頂きました。

 

飼育本を読んでいたので、ブリーダーさんに

「一週間ぐらいは触らない方が良いのですか?」

と質問したところ

「そんなこと無いですよ」

とのこと。

 

でも本が好きな私は

「そうは言ってもどの本を読んでも『触らずにそっとしておく〜』と書いてあるし、本の通りにしてみよう。」

と思って、お迎えして一週間ぐらいは静かな場所にケージを置いて、掃除は最小限にして、必要以上に見ず・触らず、ストレスを与えないようにして落ち着くのを待っているつもりでした。

 

一週間経ったので、少しづつ抱っこしたり触ったりしても大丈夫かなと思ったのですが、全然無理なのです。

手を伸ばすとビクッとして逃げ惑い、触られるのを嫌がります。

その後も何日経っても抱っこはお好きで無い様子。お好きで無いどころかかなり嫌なようです。

向こうがビクビクしているので、本で仕入れた「モルモットを抱っこする時は上からわしづかみしてはいけない」などの知識で頭でっかちになっているこちらもビクビクしてしまって、どうにも距離が縮まりません。

 

きのこレッド

 

どうにも距離が縮まらないまま数ヶ月が過ぎ、今年の頭にアメリカのヘアレスモルモットブリーダーのErinさんが来日しました。

そしてプロである彼女にどうやってモルモットさん達を抱っこするのか見せてもらいました。

 

かなり豪快な抱っこでした!!

上から掴むのは良くなかろうと、下からそっとすくうように捕まえようとしていた私はもうびっくりです。

 

「日本では『一週間はそっとしておく』とか『上から鷲掴みするな』とか言われるけどどうなの?」

と聞くと、なんと

「そんなことするからいつまで経っても慣れないんじゃないかな嬉しい

ですってびっくり

 

その言葉通り、うちの近所のペットショップでモルモットを購入したErinさんは、店を出てすぐの車の中。

飼ったばかりのモルさんを抱き上げて、可愛い可愛いとなで回しておりました花

ペットショップの店員さんには数分前に「落ち着くまではそっとしておいてあげてくださいね」と言われたばかりです。

 

本を読んで知識を深めるのは大事だけど、そればっかりじゃなくて実際の経験も大事だね・・・と感じた出来事。

Erinさんのやり方を見習ってみようと、必要以上に私がビクビクするのはやめようと思いました。

 

なので

赤ちゃんが生まれたら、生まれたその日から毎日触ります。(Erinさんに赤ちゃんを触っても問題ないか確認済みです。)

赤ちゃんを触っても、赤ちゃんのお母さんが怒ってきたことはこれまでありません。

人間が触ったからといってお母さんが育児放棄したこともありません。

赤ちゃんはひとまずジタバタはしますが、頭をなでたりお尻をなでたりしてすぐケージに戻します。

 

そうやって人間に抱っこされることに慣らします。

人間に捕まえられても、特に怖いことは起こらないことを教えてあげます。

人からは野菜をもらえたり、良いことがあるということを覚えてもらいます。

 

基本的には恐がりな生き物なので、犬猫ちゃんのように寄ってきてなでて欲しがる、遊んで欲しがるまでに慣れる子はあまり居ませんが、触られると身体をびっくっと緊張させたり、不必要に逃げ惑い、隠れるような子にはならないようにと思って育てています。

 

すでにある程度大人になっている子をお迎えする場合は、それまでどんな風に暮らしてきたかによって接し方が変わると思いますのでお迎えした子をいきなり触りまくったりはせずに様子をうかがいます、もちろん。

 

ですが、Erinさんからお迎えさせてもらったスキニーギニアピッグさん達はどの子もとてもよい子で、初日から私にどんどん寄ってきてくれました。やっぱり育て方が良かったんだなぴかぴかと実感させてくれる可愛い子達です。

 

 ただ今妊娠中のダルメシアン柄のパンプキン・パイちゃん

 

*これらはあくまでも当方「スキニーギニアピッグ園」からお迎え頂いた子達の場合の対処法となります。

他のブリーダー様やペットショップからお迎えした子達とは対応が違う場合がありますので、ここに記載していることが100%正しいわけではない場合もございます。

 

困ったことがある場合には、まずは最初にお迎えしたブリーダー様やペットショップ様、かかりつけの獣医さんにお問い合わせ頂くのが良いと思います。

 

スキニーギニアピッグ園

http://skinnyguineapigs.com

 

こちらも良ければご覧下さい★

アクセサリーのクイール・キャラメリゼ

https://www.rakuten.co.jp/cuir-carameliser/

 

  • 2017.10.23 Monday
  • 13:30

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback