スキニーギニアピッグ

モルモット 手作りケージ 材料

JUGEMテーマ:モルモット

 

手作りケージの底部分を新しく作り替えました。

モルさん達がかじったり、毎日拭いてもだんだんと汚れが溜まってきたりするので定期的に作り替えます。

 

ケージの底部分を作っているのは養生シートです。

養生シートの底部分の周りは、100円ショップでも売っているメッシュパネルで囲ってあります。

 

 

「養生シート」は「プラダン」「プラダンシート」という名前で売られている場合もあるポリプロピレン製の中空構造板です。

幅910mm×長さ1820mmとかなりの大きさがあって、大きなケージを作る際に便利です。

うちの近くのホームセンターでは1枚200円くらいで売られているので、気軽に作り直せてとても良いです。

 

近くのホームセンターでは白しか見かけたことが無いのですが、白以外にも赤、黄色、オレンジ、水色、紺などカラーバリエーションが豊富に存在するみたいです。オレンジ色とかでケージを作ったら可愛いだろうな家

 

いつもサイズをきちんと計算して作っていうるはずなのですが、毎回どこかに計算ミスをしている私。

 

今回もいつものごとく外側を囲うメッシュパネル内に収まらない底部分を作り上げてしまい、メッシュパネルをきちんと接続しないままで使うことにしました。

 

 ←ちょっとサイズアップしたリニューアル ケージ

 

 ←底部分を大きく作ってしまい、メッシュパネルをつなげられませんでした。

 

今までのケージより少し広くなっているので、モルモットさん達からすると環境が良くなったはずだと、前向きに考える事にいたします。

 

もう一つ、90cm×45cmのケージも深めに仕上げてみました。

底部分が浅いと、スキニーさん達が蹴り上げたフンがケージ外にこぼれているのをよく見かけましたので・・・

 

 

 

深すぎたのでしょうか。

中の様子がよく見えず、かなりの「閉じ込められた感」がある気がします。

しばらく使ってみて不便があればまた変えようと思います。

 

手作りケージだと不便なところは好きなように改善できる上、激安で作れるので具合が良いです。

既製品のケージだと、モルモットの飼育には小さ過ぎるものでも少なくとも3,000円はしますので・・・あせあせ

 

スキニーギニアピッグ園

http://skinnyguineapigs.com

 

こちらも良ければご覧下さい★

アクセサリーのクイール・キャラメリゼ

https://www.rakuten.co.jp/cuir-carameliser/

  • 2017.10.27 Friday
  • 12:11

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback